蘭の生活〜自宅温室での蘭の栽培日記

2009年08月02日

思わぬ訪問者

 温室に入りこんでいました。
ずいぶんと物怖じしないネコさんで、
写真を撮り終えたら、「もお いいの?」
っていう感じで出て行きました。
そういえば昨日も見たような!

DSCN0003.jpg

DSCN0002.jpg


ついでにテリトリーを守っているつもりの、
我が家のおっとり(おまぬけといってはかわいそう)
ネコさんです。

DSCN0015.jpg

DSCN0014.jpg

DSCN0017.jpg
posted by 庭のホクロ at 17:48| Comment(0) | 日々の雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツマグロヒョウモンの幼虫

 家の庭には、スミレやらビオラなどが、
こぼれ種でよく殖えているのですが、
これがきれいに食べられていました。

食べた本人たちは周辺に食べ物がなくなったので、
砂利の場所を必死で移動していました。

スミレの種類は増え過ぎて困るくらいなので、
私も寛大な気持ちで、写真を撮り、次の食事に
無事たどりつくようにと願いましたね。

調べてみたらツマブロヒョウモンの幼虫らしいです。
成虫を知ると、かわいいという気にさえなりました。


DSCN0010.jpg

posted by 庭のホクロ at 17:16| Comment(0) | 日々の雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Den.hymenanthum

Denrobium hymenanthum
デンドロビューム ハイメナンサム

東南アジア原産

4月に根岸園芸で購入しました。
花期は1〜2日程度、ごく短い、
3号素焼き鉢に水苔植えです。

写真は花の上方と下の方からと
撮ってみました。

DSCN0005.jpg

DSCN0003.jpg

posted by 庭のホクロ at 06:22| Comment(0) | デンドロビューム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遠い花火

 この辺りの3か所の海水浴場では、
南から順に7月最終日曜日、8月第一土曜日、
8月第二土曜日に花火大会があります。
行けば良いものを出不精を決め込んで、
家からみていました。

例年、天候に恵まれないことが多かったのですが
昨夜は、よく見えました。

沖合いは、漁船の明かりも点々と見え、
なかなか情緒がありました。
夏には涼しすぎましたね。

写真は花火だったのねというできです。
来週はさらに小さい花火が見られる予定です。

DSCN0020.jpg

DSCN0014.jpg

DSCN0001.jpg




posted by 庭のホクロ at 05:55| Comment(0) | 日々の雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

Milt.Pinnochio ミルトニア ピノチオ

Miltonia Pinnochio

1984年登録
Milt.Antequera X Milt.Mrs.J.B.Crum

交配の系図をどんどん遡っていっても原種は
vexillaria 、roezlii しかでてきません。
Milt.Antequeraの交配に使われているMilt.pandraという名も
原種らしいのですが、どういうものかよく分かりません。
そのほかは何が交配されているかははっきりしていないようです。

花も美しく、丈夫で良く殖えます。
難を言えばすぐ鉢が一杯になるので、
植え替え回数が多くなることでしょうか。



DSCN0006.jpg

DSCN0007.jpg

花持が良いので、もう一枚の写真を
8月11日撮影


DSCN0006.jpg
posted by 庭のホクロ at 06:57| Comment(0) | その他の蘭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

C.Penny Kuroda カトレア ペニークロダ

Cattleya Penny Kuroda
カトレアペニークロダ
 1976年登録
Summer Snow x guttata
サマースノウ x グッタータ
Summer SnowはSuzanne HyeやWhite Empressを何度か使った
交配です。

有名な個体‘Spots'とはずいぶん違っていますが、
この時期咲く花としたら、
なかなか色が涼しげで良いではないでしょうか。
最初の株がだいぶ小さかったので、
小型の交配種かと思っていたのですが、
親はみんな大型カトレヤのようです。

DSCN0002.jpg

posted by 庭のホクロ at 06:47| Comment(0) | カトレア類交配種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もう秋?

 昨日の午前中は30度を越える蒸し暑さだったのに、
夕方近くからは冷たい風が吹き、今朝まで、
20度をわずかに越す温度です。
空は曇ったまま。

7月上旬は梅雨時の低温だったけれど、
今日はもう秋の風なのか?
立秋はまだだけれど、

梅雨の蒸し暑さではなく、
さわやかな暑さが欲しいです。

この辺りの7月の日照時間はいかほどだったのか、
ランにも日の光をと、

posted by 庭のホクロ at 05:49| Comment(0) | 日々の雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

失敗は繰り返す

栽培環境は周辺事情が変わらない場合、
強制的に変えようとしない限り
あまり変わらないものです。
で・・もって昨年と同じ失敗を繰り返すことに
なりました。
ランの成長期には適度の、日光と風が必要ですが
このどちらかが足りないと、こういう風になるという
立派な見本です。
これはアンセプスなのですが、気がついたらこの状態に・・
風も日光も足りなかったようです。
アンセプス、テネブロッサなどは特に注意が必要です。
新芽の伸びるときに、どうしても日光が足りないときは、
扇風機などで、強制的に(干からびさせない程度)
風を送るようにしないと駄目ですね。


DSCN0001.jpg
posted by 庭のホクロ at 19:33| Comment(0) | (蘭)日々の管理・作業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Encyclia aspera エンシクリア アスペラ

Encyclia aspera

南米原産

渋い色合いが和風の雰囲気を出していて、
小品盆栽のように飾りたくなりますが
花茎はかなり伸び全体は大きくなります。

花は2ヶ月位楽しめます。

乾燥が好きですね。
今は3号素焼き鉢にバークで
植えています。

DSCN0002.jpg

DSCN0003.jpg

2009年07月29日

L.またはS.dayana var.coerulea

Laelia 又はSophronitis dayana var.coerulea
レリア ダイアナ 又はソフロニティス ダイアナ セルレア

ブラジル原産
このランは大好きです。
リップの筋模様と色が良いですね。
小型のランなので、やはり水苔植えが良いようです。
ある程度大株にしてみたのですが、うまくゆかず
小さくなりました。
そのうちチポタイプも購入したいですね。

DSCN0010.jpg


posted by 庭のホクロ at 19:11| Comment(0) | カトレア レリア ソフロニティス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。