蘭の生活〜自宅温室での蘭の栽培日記

2009年08月11日

Dendrobium bullenianum デンドロビュームブレニアナム

Dendrobium bullenianum  =topaziacum
フィリッピン 原産

不定期咲です。
水が好きです。
乾燥しすぎないようにしています。
風透しが良くないとハダニもでます。
だんだんバルブも成長するようです。
あまり大きくならなくても良いのですがね。

DSCN0021.jpg

DSCN0010.jpg






posted by 庭のホクロ at 20:04| Comment(0) | デンドロビューム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

ハダニがでてしまった。

水遣りのとき、時には丁寧に一鉢ずつ
手にとってやるときがあります。

それで、ハダニを見つけてしまいました。
10鉢位、ほとんどがデンドロです。
どうしたものか?
ラン全体を消毒するのがベターでしょうが、
この時期の住宅地ではやりたくない。

とりあえずハダニが見つかった鉢だけを
消毒することとしました。

この方法は、ウイルス対策上、
絶対お勧めできないのですが・・・

バケツに今回はスミチオンの消毒液を作り、
ランのはちを逆さにして、
バルブと葉を浸しました。
10鉢くらい、同じバケツの消毒液に浸すことと
なるので、よくないでしょうね。

今回はこれでしのいで、様子を見ることとします。
デンドロも落葉するタイプはまだ良いのですが、
葉が何年も残るものは、ハダニの後が
残るので、困りますね。


posted by 庭のホクロ at 19:51| Comment(0) | (蘭)日々の管理・作業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Dendrobium spathilingue デンドロビューム スパティリンゲ

Dendrobium spathilingue

ジャワ、バリ島原産

バルブがどんどんのびていきます。
支柱を立てても間に合わない。

花はきれいなのですが、
なかなか始末に困る花なのです。
ハダニも出やすいです。

DSCN0002.jpg
posted by 庭のホクロ at 19:18| Comment(0) | デンドロビューム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Dendrobium oligophyllum デンドロビューム オリゴフィラム

Dendrobium oligophyllum

東南アジア原産

花弁が冠のようになっていて、
かわいらしい花です。

株分けして他所に行った方は、
あまり殖えていないけれど、
バルブがこれよりもっと大きく
育っていました。
大きくするために、工夫の余地がありそうです。

植え替えを怠ると、あっという間に、
具合が悪くなります。
植え替えは新芽の出るころです。

DSCN0006.jpg

DSCN0013.jpg

昨夜から断続的な大雨が続いています。
ランもずっとぬれっぱなしで、ちょっと心配・・




posted by 庭のホクロ at 08:59| Comment(0) | デンドロビューム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

Dendrobium auriculatum デンドロビュームオーリキュラタム

Dendrobium auriculatum

フィリピンに自生

バルブは細長く、根は白く、太いです。
花は時を選ばず、
咲きたいときに咲いています。
根が太いのですぐ鉢一杯になってしまうので、
植え替えずにおいたらどうなるか、
試してみようかと思います。

DSCN0014.jpg

DSCN0015.jpg
posted by 庭のホクロ at 18:01| Comment(0) | デンドロビューム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遮光ネット

 今年は全国的に日照不足が言われていますが、
このあたりも当然 曇り、曇り、曇り、雨、また曇り
といった状態で、日照不足です。

それなのに今年はどういうわけか、遮光ネットを
早めにしっかり張り、葉やけに備えました。

ここにきてそれはいくらなんでもと思い、
遮光ネットを少しずらしたけれど、
どうせならもっと早くにすればよかった。

この思い付きの遅さはどうしたものか?
蘭はやわに育っています。



posted by 庭のホクロ at 17:40| Comment(0) | (蘭)日々の管理・作業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

Denrobium brymerianum デンドロビューム ブリメリアナム

Denrobium brymerianum 
デンドロビューム ブリメリアナム

タイ原産
花の咲く時期が、夏の時期なので、
暑さ負けか、なかなかきれいに咲いてくれません。

新芽の伸びる時期と開花の時期も一緒なので、
植え替えにも苦労しています。
いくらか涼しくなった頃、植え替えています。
水苔植えです。

DSCN0001.jpg

DSCN0006.jpg

posted by 庭のホクロ at 08:38| Comment(0) | デンドロビューム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

Sophronitis longipes ソフロニティス ロンギペス

Sophronitis longipes (=Laelia lucasiana)

ソフロニティス ロンギペス(レリア ルカシアナ)

ブラジル原産
ロンギペスよりはルカシアーナというほうが好きです。

2004年に白石洋蘭園で買いました。
花の色がなんとも言えず良いのです。
3号素焼き鉢にバーク植えです。

DSCN0006.jpg

DSCN0001.jpg

DSCN0002.jpg

あまりかわいらしいので
8月11日撮影


DSCN0003.jpg



posted by 庭のホクロ at 21:06| Comment(0) | カトレア レリア ソフロニティス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

Prosthechea cochleata プロスゼキア コクレアタ

Prosthechea cochleata

中南米原産

この種類としては、香りは薄いほうです。
この株は大型ですがもう少し小型も
あるようです。
ミズ苔植えですが、春から夏の間は
水をたっぷり掛けています。

DSCN0009.jpg

DSCN0008.jpg

Prosthechea cochleata var.alba

リップの奥のオレンジ色が可愛らしい花です。

DSCN0004.jpg

DSCN0005.jpg

普通タイプとアルバを並べると、
大きさにだいぶ違いがあります。

DSCN0002.jpg


2009年08月03日

C.dowiana var.aurea 又は C.aurea カトレア ドウイアナ

Cattleya dowiana var.aurea 
カトレア ドウイアナ オウレア

コロンビア エクアドル 原産

何度か苗を買って育てましたが、
の残っているのは、これだけです。
何が失敗だったかが不明ですが、
根を過失にしないよう、乾かしすぎないよう
注意しています。

不思議な花ですね。
何もそんなに念入りに
筋を入れなくってもね。

DSCN0003.jpg
posted by 庭のホクロ at 06:21| Comment(0) | カトレア レリア ソフロニティス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。