カトレア類交配種 蘭の生活〜自宅温室での蘭の栽培日記

2009年07月31日

C.Penny Kuroda カトレア ペニークロダ

Cattleya Penny Kuroda
カトレアペニークロダ
 1976年登録
Summer Snow x guttata
サマースノウ x グッタータ
Summer SnowはSuzanne HyeやWhite Empressを何度か使った
交配です。

有名な個体‘Spots'とはずいぶん違っていますが、
この時期咲く花としたら、
なかなか色が涼しげで良いではないでしょうか。
最初の株がだいぶ小さかったので、
小型の交配種かと思っていたのですが、
親はみんな大型カトレヤのようです。

DSCN0002.jpg

posted by 庭のホクロ at 06:47| Comment(0) | カトレア類交配種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

L.またはC.或いはS.Pastoral Symphony

L.またはC.或いはS.Pastoral Symphony var.coerulea
以前はLaelia属であった(RHSでは今はCattleya属です。)(やれやれ)
pumila とsincoranaの交配です。1990年登録
今年は2輪ですね。
たくさん咲かせてもう少し良い写真を載せたいですね。
チポタイプがあるのですが、咲く時期が違っています。
平素焼き鉢に水苔植えにしています。

DSCN5854.jpg

DSCN0001.jpg
posted by 庭のホクロ at 18:43| Comment(0) | カトレア類交配種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

Lc.またはSc.あるいはC.Tydea var.coerulea

Lc.またはSc.あるいはC.Tydea var.coerulea

L.又はS.又はC.のpumila xC.trianaeです。
1894年登録
2004年に通販で買いました。
セルレアといっても赤紫がかっていますが、
しっかりとした花が咲きます。
ただし例年一輪です。

DSCN5855.jpg


posted by 庭のホクロ at 13:41| Comment(0) | カトレア類交配種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

C.kiritsubo `Shigeisha'

Cattleya Kiritsubo `Shigeisha'
 C.きりつぼ ‘しげいしゃ’
 C.alaoriixC.nobilior 2002年9.3登録

DSCN5800.jpg

例年この時期に1.2輪の花をつけます。
株に比較すると花は大きめですね。
nobiliorは育てたことがないので、
良くわからないのですが、araoriiは
水が好きですので、温室の側面において
乾燥しすぎないように水をかけています。

posted by 庭のホクロ at 06:40| Comment(0) | カトレア類交配種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

Lc.Hardy Lady

DSCN5027.jpg

Lc.Hardy Lady
(L.rubesensXC.trianae) 1970年登録

花が受け咲き気味なのが残念!
毎年 花はいまいちかなあと思いつつ、
なんとなく心引かれて大事にしています。










posted by 庭のホクロ at 20:16| Comment(0) | カトレア類交配種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

C.Peckhaviensis カトレヤ ペックハビエンシス

Dscn4510.jpg

C.Peckhaviensis
カトレヤ ペックハビエンシス

C.schilleriana x C.aclandiae
1910年登録

’97年東京ドームの世界ラン展の時
買いました。
そのときの名札には、C.schillerianaと書いて
あったのですがね・・・
初めて花が咲いた時は信じて疑いませんでした。
何しろ、C.schillerianaなんてまだ実物を見ていなかったのですから。
近くのランの店でみてもらってこの名前を・・・
ええってなもんですね。
でも花が気に入って大事にしています。

5号素焼き鉢バーク植えです。
原種よりは咲かせ易いようです。
その後買ったC.schillerianaもC.aclandiaeも
まだ咲いていませんから。
posted by 庭のホクロ at 20:57| Comment(0) | カトレア類交配種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

Sc.(Lc.)Tydea ソフロカトレヤ(レリオカトレヤ)タイデア

Sc.(Lc.)Tydea var.coeruiea

S.(L.)pumila C.trianaeiの交配種1894年登録

プミラは色々な交配に使われていますが、
1965年に登録された、C.ワルケリアナとの交配の
Mini Purpleは、良く知られています。

セルレアタイプではガスケリアナとの交配のGaskell Pumila
やラビアタとの交配のCornelia 等が、
良く知られています。

このタイデアですが、好きなので大事にしているのですが、
なかなか良く咲いてくれません。
今回もやっと咲きましたという状態です。

Dscn4206.jpg
posted by 庭のホクロ at 06:47| Comment(0) | カトレア類交配種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

Srt.(Lc.)Rojo ソフランセ(レリオカトレヤ)ロホ又はロジョー

Srt.Rojo又はLc.Rojo`Amekawa'

Rojoは1965年aurantiacaとmilleriの交配で登録されています。
Rojoはロジョーと聞いていましたが、ロホと言われているようなのです。

この花はいくらか黒みがかった朱に近い綺麗な赤で、
一つ一つは小さい花ながら、遠くからでも目立ちます。
温室の片隅のほうから 咲いたよ!咲いたよ!といっていました。
6号位のプラ浅鉢の側面にいくつか穴えおあけバークで植えています。
浅鉢なので、過湿にならないように水は控えめです。
Dscn4108.jpg

蛇足ながら、
ご存知のようにオーランティアカはカトレヤで、
ミレリーはレリアでしたが、
RHS(英国王立園芸協会)やJOGA(日本洋蘭農業協同組合)では
オーランティアカはガリアンセ(Guarianthe)に,
ミレリーはソフロニティスに属名を変更しました。
それに伴ない交配属名も変わり、
ガリアンセとソフロヌティスの交配属名は
ソフランセ(Sophranthe  略号 Srt.)になります。
JOGAはネットで通達を出していて、蘭業者も名札を
入れ替えているようですが!・・・・・・
大変でしょうね!
posted by 庭のホクロ at 06:47| Comment(0) | カトレア類交配種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

Maikai`Mayumi'の属変更について

先日、Bc.Maikaiを掲載しましたが、
カトレア類の属名変更に伴い

交配親のC.bowringianaが、Guarianthe(Gur.)bowringiana
グアリアンセ ボウリンギアナとなり
Bc.MaikaiはBrassanthe(Bsn.)Mayumi
ブラサンセ マユミとなります。

慣れ親しんだ属名から変わって、舌を噛みそうですが、
やむをえないのでしょう。




posted by 庭のホクロ at 20:50| Comment(0) | カトレア類交配種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

Bc.マイカイ‘マユミ’Bc.Maikai`Mayumi'

2008年1月23日撮影
Bc.マイカイ `マユミ' (Bc.Maikai `Mayumi')
B.nodosa C.bowringiana の交配 1944年登録
個体`Mayumi'は1983年CCM/AOS
我が家にきたのは随分古く20年近くなると思います。
よく殖え、丈夫で、花付きがよく、しかもよく揃って咲きます。
今年は昨年よりも花数が増えました。
6号素焼き鉢にクリプトに少量の水苔を加えたもので植えています。
栽培はよく日に当てること。夏の遮光は30%くらいです。
水遣りはこの鉢の大きさですと秋から冬の間は10日に一度位です。
同個体名で花の色が特別濃いものが、ラン展で展示されて
いたことがありました。それはメリクロン変異体なのか?
知っている方、教えて下さい。

Dscn3823.jpg
posted by 庭のホクロ at 23:13| Comment(0) | カトレア類交配種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。