デンドロビューム 蘭の生活〜自宅温室での蘭の栽培日記

2008年04月21日

Den.loddigesii デンドロビューム ロデゲシィ

Dscn4306.jpg

Den.loddegesii
デンドロビューム ロデゲシィ
ラオス中国南部に自生

リップの細かい切れ目がとても美しい。
良くみると、個体により花の大小、
リップの色の違いなどが有ります。

棚下で育てると、バルブが長くなると聞いたので、
棚下に置きっぱなしにしておいたら、
花数が少なくなってしまいました。
posted by 庭のホクロ at 20:25| Comment(0) | デンドロビューム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Den.capillipes デンドロビューム カピリペス

Dscn4315.jpg

Dscn4321.jpg

Den.capillipes
デンドロビューム カピリペス

リップが大きく可愛らしい花です。
図鑑によれば、茎は10〜15センチ、冬季落葉する
と有りましたが、これは落葉せず、バルブは25センチ以上は
有ります。バルブが短く落葉していたほうが
花につりあって可愛らしいのにと ・・残念!
また、良く似た花で、カピリペスの変種とされていた
Den.capillipes var.elegans `Suwada'は
Den.ejirii `Suwada' となり今はDen.braianense `Suwada'
となっているようです。
またDen.sakuhakuriiはカピリペスの異名ということです。

3号素焼き鉢水苔植えです。




posted by 庭のホクロ at 20:06| Comment(0) | デンドロビューム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

Den.farmeri デンドロビューム ファーメリー

Dscn4297.jpg

Den.farmeri
デンドロビューム ファーメリー
自生地は東南アジア

花の色がピンクと黄色とがあります。
この個体は花の色も薄く、
花形も良いともいえないのですが、
毎年良く咲いてくれます。
3号素焼き鉢水苔にクリプトを
入れて使っています。
新芽はまだ出ていないのでこの時期は
水を控えめにしています。

新芽が出てから生長期間は割合短いので、
その時期を逃さないように栽培します。

posted by 庭のホクロ at 06:05| Comment(0) | デンドロビューム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

Den.transparens デンドロビューム トランスパレンス

Dscn4288.jpg

Dscn4300.jpg

Den.transparens
デンドロビューム トランスパレンス

自生地はインド、ビルマ
温室でもあまり目立たないのですが、
この時期、何時咲くかと待っている花です。
清楚な感じが良いですね。
3号素焼き鉢水苔植え




posted by 庭のホクロ at 20:20| Comment(0) | デンドロビューム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Den.cuculatum デンドロビューム ククラタム

Dscn4267.jpg

Den.pierardii=Den.aphyllum=Den.cucullatum
ピェーラルデイ アフィラム ククラタムと
いろいろ呼れています。
成長期には、遮光してどんどん水をかけることが、
大きくするコツです。
素焼き鉢水苔植え



posted by 庭のホクロ at 20:03| Comment(0) | デンドロビューム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

Den.Sagimusume デンドロビューム サギムスメ

Den.Sagimusume
デンドロビューム サギムスメ
1968年登録

31年前に新築祝いに頂いた花です。

我が家のランのなかでは、二番目の古株で、
交配のデンドロの中では一番好きな花です。

温室が無かったときは、5〜6月に咲いていました。
今年は4月初めから咲き始めたので、部屋に持ち込みました。
丈夫で良く殖え花持ちも良く、暖かい日中ですと部屋中に
良い香りがします。
リップの部分があまり広がらずに、
つぼまった感じが好きです。

Dscn4222.jpg
posted by 庭のホクロ at 21:52| Comment(0) | デンドロビューム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

Den.tortile  デンドロビューム トルチレ

Den.tortile
デンドロビューム トルチレ
東南アジアに自生
4号素焼き鉢にクリプトを僅かに入れた水苔
で栽培しています。
ノビレと同様に管理しています。

晩秋から冬にかけては、乾燥と低温に当てます。
デンドロには、開花と同時に
新芽が出てくる種類が多くあります。
トルチレもそうです。植え替えたいときは
花は少し早めにとって、
新芽があまり大きくならないうちに植え替えています。
図鑑には香りありと有るので嗅いで見ましたが!?

Dscn4256.jpg
posted by 庭のホクロ at 19:56| Comment(0) | デンドロビューム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

Den.forbesii デンドロビューム フォーベシー

Den.forbesii
デンドロビューム フォーベシー

ニューギニア原産のデンドロとしては
随分さっぱりした、
清楚といってもいい感じの花です。

この時期のフィンブリアタムや、デンシフローラムなどが
早くも花が終わりそうなのに、
3月はじめから咲いているこのフォーベシーは
ひと月以上も経ってまだまだ健在なのがうれしいです。

2003年苗で買いましたが、今年は8本のバルブに
花をつけました。
8号くらいのプラ鉢にバークで植えています。
直射日光は避け、水遣りは多め、
乾かし過ぎないようにしています。
肥料は新芽が伸び始める頃固形油粕をやります。

Dscn4019.jpg



posted by 庭のホクロ at 20:31| Comment(0) | デンドロビューム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

Den.Santana デンドロビューム サンタナ

Den.Santana
デンドロビューム サンタナ
1985年交配登録
Den.moniliforme(セッコク)とDen.friedricksianumフリデリックシアナムの交配
丈夫で良く花が付きます。
今年は成長期の水が足りなかったらしく、せが伸びていません。
リップの付け根の黄緑色が綺麗で、控えめな甘い香りがします。
4.5号素焼き鉢に水苔を僅かに入れたクリプトに植えています。
交配種のデンドロは丈夫なのでつい気楽にしていますが、
少し寸足らずなのは、素焼き鉢とクリプトの組み合わせでは
水不足になるのだと思います。
ノビル系交配種と同様に育てています。
成長期に固形油粕、それ以外は液肥です。
Dscn4174.jpg

以前、イエローチンサイ リトルジョーと言う名前で、買っています。
交配名はChinsaiで、間違いないと思いますが。
Den.Chinsai   Den.moniliformeDen.unicumの交配 1981年登録。
細いバルブに多数の花をつけるので、
支柱をしないと倒れてしまいます。
3号素焼き鉢クリプトに水苔を少し。
昨年の春はどうもクリプトを使いたかったらしく、
クリプト主体のデンドロやカトレヤなどが多いです。
香りはセッコクに近い香りです。

Dscn4171.jpg
posted by 庭のホクロ at 13:26| Comment(0) | デンドロビューム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

Den.fimbriatum var.oculatumデンドロビューム オクラタム

Den.fimbriatum var. oculatum
デンドロビューム フィンブリアタム オクラタム

先に掲載した、フィンブリアタムの変種で、
リップに渇色の目があるのですが、違いはそればかりではなく
株の大小、花弁の質も違います。
こちらの方がやや小型で、花弁も薄いです。
咲く時期はこちらが少し遅れて咲きます。
今はどちらも咲いているので、温室が賑々しい感じです。

Dscn4178.jpg

posted by 庭のホクロ at 20:59| Comment(0) | デンドロビューム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

名前の分からないデンドロビュームの交配種達

デンドロは原種、交配種を問わず大好きです。
今家で咲いているデンドロの交配種を掲載してみます。
気に入っているのですが、名前が分からないもの達です。

最近高芽で貰ったものですが、
柔らかな花びらと丸い顔が可愛らしいですね。
Dscn4155.jpg

かなり以前(10年以上前)一つの鉢に混載されていたデンドロです。
黄色の花が珍しく、残っています。
新芽が一つずつしか出ないので、なかなか殖えません。
Dscn4151.jpg

上の黄色のデンドロと一緒の鉢に入っていました。
こちらはどんどん殖えています。
花がやわらかくバルブは細く茎は長くなります。
放っておくと倒れてしまいそうです。大好きで大事にしています。
Dscn3980.jpg

こちらはキンギアナム系の交配種でマダムバタフライという
名で売られています。交配名はわかりません。
リップの色が素敵ですね。
Dscn3985.jpg


posted by 庭のホクロ at 13:53| Comment(0) | デンドロビューム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

Den.gonzalesii デンドロビューム ゴンザレシー 他

Den.gonzalesii
デンドロビューム ゴンザレシー
フッィリピンに自生
バルブはビクトリアレギネより更に細く
高芽がどんどん出てくるので、
支柱をしないと折れそうになってしまいます。
花は不定期で次から次と結構永く咲いています。
2.5号素焼き鉢にクリプトと水苔のミックスで植えてあります。
鉢が小さいので、乾燥し過ぎないようにしています。
肥料は液肥のみです。
Dscn4134.jpg
Den.lituiflorum
デンドロビューム リツイフロラム
バルブの長さは40〜50センチくらいになる。
この個体は花色の濃いほうです。
3.5号素焼き鉢に水苔植え、ノビレやノビル系交配と同様の栽培です。
肥料は液肥と4月頃に固形油粕をします。
Dscn4142.jpg

Den.densiflorum
デンドロビューム デンシフローラム
インドやネパールに分布
4号素焼き鉢水苔植え
栽培はノビレと同じようにしています。
つまり、秋から冬にかけては水を控え寒さに当てることです。
肥料は春に固形油粕を後は液肥です。
Dscn4143.jpg
posted by 庭のホクロ at 21:41| Comment(0) | デンドロビューム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Den.atroviolaceum デンドロ アトロビオラセウム

Den.atroviolaceum
デンドロビューム アトロビオラセウム

アトロビオラセウムの名札の付いたデンドロ
が二つ有るので、掲載してみます。
一方は2002年に(A)、もう一方は2007年に(B)
どちらも戴いたものなのです。
(A)は現在バルブの長さ20センチくらいです、
(B)はバルブの長さは10センチ位ですがこれは
水の少ない環境にあった為と思われ20センチ位
にはなると思われます。
一番の違いは(A)が花の側花弁(ペタル)が広くて
開平するのに(B)はあまり広くなく、たれるところです。

図鑑で調べたのですが、図鑑の写真でも良く分かりませんでした。
この違いについて知っている方がいれば教えて下さい。

Dscn4156.jpg

Dscn4159.jpg


posted by 庭のホクロ at 19:54| Comment(0) | デンドロビューム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

Den.trantuanii デンドロビューム トランツアニー

Den.trantuanii
デンドロビューム トランツアニー

ラオス原産
灰緑色の扁平なバルブの節に長めの花茎に
一輪ずつ花をつけます。
バルブの高さは5〜15センチくらいです。
花はつやが有ります。
夏は涼しく、極端には乾かさず、直射日光は避け、
あまり寒さに当てないようにしています。
2.5号素焼き鉢バーク植え、水はこまめに掛けています。

Dscn4115.jpg
posted by 庭のホクロ at 17:32| Comment(1) | デンドロビューム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Den.fimbriatum デンドロビューム フィンブリアタム

Den.fimbriatum
デンドロビューム フィンブリアタム

インド、タイ、中国に自生

フィンブリアタムはリップに目のあるオクラタムタイプも
持っていますが、オクラタムタイプとの違いは単に褐色の目が
有る無しだけでなく、蕾の状態、花の質感、株の感じも随分違います。

この花は色はオレンジに近く、花弁はロウ質で厚く、
不思議な香りがします。この花が咲くと温室が一挙に
華やかになります。
現在4号素焼き鉢に水苔植えです。
株の高さは1m以上になるので、
温室は狭くなる一方なのですが、
気に入っている花なので、これからどう仕様かと思案中です。
Dscn4120.jpg





posted by 庭のホクロ at 17:01| Comment(2) | デンドロビューム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

デンドロ.フリデリックシアナムDen.friedericksianum

Den.friedericksianum
デンドロ・フリデリックシアナム
自生地はタイ
唇弁に目のあるタイプと目の無いタイプがありますが、
これは目ありです。
咲き出しは黄緑色が美しい花です。
昨年東京ドームに行った際買いました。
2.5号素焼き鉢水苔植えです。

Dscn4000.jpg
posted by 庭のホクロ at 18:51| Comment(0) | デンドロビューム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

Den.thyrsiflorum デンドロビウム シルシフローラム

今日は桜草の植え替えをと思っていましたが
あまりの冷たい風に外の作業を断念しました。

昨日撮った写真を掲載します。

Den.thyrsiflorum
デンドロ シルシフローラム

自生地は東南アジア
3号素焼き鉢水苔植え
Dscn3963.jpg

Den.wardianum
デンドロ ワーディアナム
東南アジアに自生
花は明るく華やかです。
バルブは1mくらいになりますが、
花はその上部3分の1位にしかつかないのは
少し残念です。
3号素焼き鉢水苔植え
もう新芽が10センチ位になっています。
栽培はノビレなどと同じようにしています。

Dscn3965.jpg
posted by 庭のホクロ at 17:45| Comment(0) | デンドロビューム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

今咲いているデンドロビュームの原種達(2)

Den.nobile
デンドロ ノビレ

ノビル系交配種の親として有名
個体により様々な色形の変化があリます。
育て易く丈夫です。
素焼き鉢に水苔植え
12月までは無加温の部屋で一月頃から温室に入れています。
Dscn3887.jpg

Den.nobile var.cooksonianum
デンドロ ノビレ クックソニアナム
高いところに置き下から見上げると不思議な魅力
のある花です。
Dscn3889.jpg

Den.pendulum
デンドロ ペンジュラム
一昨年買いました。
もう少し丈が高くなるといいかなと思っています。

Dscn3924.jpg

Den.speciosum
デンドロ スペシオサム

Dscn3917.jpg

Den.hemimelagnolossum
デンドロ ヘミメラノグロッサム

個体により花茎の長さが違います。
この個体はかなり長くなるタイプです。
Dscn3906.jpg

posted by 庭のホクロ at 17:13| Comment(0) | デンドロビューム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今自宅で咲いているデンドロビュームの原種達

Den.harveyanum
デンドロ ハーベイアナム

一月に支柱立てをしたハーベイアナムが咲きました。
素焼き鉢に水苔植えです。成長期に暑かったり
水が足りなかったりすると、新芽が駄目になってしまいます。
夏は涼しくして水を充分にやります。

Dscn3845.jpg

Den.gracilicaule
デンドロ グラシリコーレ
Dscn3906.jpg

Den.heterocarpum
デンドロ ヘテロカーパム
Dscn3851.jpg

Den.kingianum
デンドロ キンギアナム
唇弁に斑点が入らないタイプです。
Dscn3913.jpg

Den.kingianum
デンドロ キンギアナム
チポタイプです。
Dscn3935.jpg

Den.kingianum var.silcocki
デンドロ キンギアナム シルコッキィ
Dscn3933.jpg
posted by 庭のホクロ at 13:04| Comment(0) | デンドロビューム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

Den.striolatum デンドロ ストリオラタム

2008年2月8日撮影
デンドロビーム ストリオラタム
Den.striolatum

オーストラリア原産
丈夫そうだが小さいので少しはらはらしています。
2.5号鉢にスゴイネで植えています。
このスゴイネは最近出てきたコンポストなのですが、
植え替えて8ヶ月なので、まだ効果の程は
よく分かりません。
コンポストとしては見た目がイマイチのような気がします。
Dscn3834.jpg
posted by 庭のホクロ at 13:07| Comment(0) | デンドロビューム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。