Den.fimbriatum デンドロビューム フィンブリアタム 蘭の生活〜自宅温室での蘭の栽培日記

2008年03月26日

Den.fimbriatum デンドロビューム フィンブリアタム

Den.fimbriatum
デンドロビューム フィンブリアタム

インド、タイ、中国に自生

フィンブリアタムはリップに目のあるオクラタムタイプも
持っていますが、オクラタムタイプとの違いは単に褐色の目が
有る無しだけでなく、蕾の状態、花の質感、株の感じも随分違います。

この花は色はオレンジに近く、花弁はロウ質で厚く、
不思議な香りがします。この花が咲くと温室が一挙に
華やかになります。
現在4号素焼き鉢に水苔植えです。
株の高さは1m以上になるので、
温室は狭くなる一方なのですが、
気に入っている花なので、これからどう仕様かと思案中です。
Dscn4120.jpg





posted by 庭のホクロ at 17:01| Comment(2) | デンドロビューム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フィンブリアタムがもう開花ですか 早いですね 花かずも多いですね!
日中温室内の温度が高くなるのでどうしたものかと株を眺めたところです
葉ダニは付いていましたがツボミはなかったなあ〜と思います。
現在水苔&素焼鉢ですがヤシガラチップ&プラ鉢にて植え替え考えています。
Posted by ジュメ at 2008年03月26日 18:48


ジュメ様

例年4月頃咲くのですが今年は
少し開花が早いようです。
ヤシガラチップは使ったことが無いのですが、
水苔植えは大株にはあまり向かないと言われているので、私もどう仕様かと考えています。
Posted by at 2008年03月28日 07:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。