Diplocaulobium ディプロコーロビウム 蘭の生活〜自宅温室での蘭の栽培日記

2009年06月05日

Diplocaulobium ディプロコーロビウム

Diplocaulobium sp.
ディプロコーロビウーム

オーストラリアからマレー諸島まで、広く分布しているようです。

DSCN5652.jpg

DSCN5658.jpg

庭仕事にのかまけていると、あっという間に
一週間が過ぎてしまい、ひと月が過ぎてしまう。
そんな中のたった一日咲く花です。
上が6月1日16時、下が6月2日22時ごろの写真です。
どうしてたった一日なのか、長く咲いていると、
なにか不都合でもあるのでしょうかね。

3号素焼き鉢に水苔で植えています。
水は好きなようですが、根が細いので
過湿にすると根腐れ起こしやすいため
少し根元を高めに植えています。
肥料は液肥くらいです。
一月ほど前、10本ほど花芽が出たので、
楽しみにしていたら、つぼみのまま
終わってしまいました。
水が足りなかったようです。
茎は硬く、葉は細くつやがあり、株全体はまとまり安く
きれいです。

一日花ですが、不定期に時々咲いてくれます。

6月13日また咲いたので写真を追加します。

DSCN5730.jpg









posted by 庭のホクロ at 07:20| Comment(0) | その他の蘭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。