蘭の生活〜自宅温室での蘭の栽培日記

2010年01月28日

温室の遮光


 この冬の寒さは峠を越えたのだろうか?
庭の南天、ピラカンサ、梅もどき、千両、万両などは
すっかり鳥たちに食べつくされ、いささか殺風景になっている。
オレンジ(種類が不明、夏みかん、伊予柑、八朔でもない)も
落ちてしまった。

昨年よりは寒いと感じる日が続いたようだが、日差しは
確実に強くなっているようで、うっかりしていたら、
温室に吊るして栽培していた、C.trianae(トリアネィ)が
ひどい葉やけを起こしていた。あわてて、温室南側に
30%程度の寒冷紗かかけた。
それが2週間前のことで、1月になったら、
遮光にも気をつけなくては。
トリアネィは葉やけを起こしやすいようだが、メリクロンの
物は葉やけに強いと聞いたことがあるがどうだろうか?

posted by 庭のホクロ at 06:47| Comment(0) | (蘭)日々の管理・作業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

Aganisia cyanea アガニシア シアネア

Aganisia cyanea
(=Acacallis cyanea)

ブラジル、コロンビア、ベネズエラ原産

DSCN0111.jpg

DSCN0119.jpg

DSCN0116.jpg

posted by 庭のホクロ at 06:30| Comment(0) | その他の蘭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

Brassia verrucosa ブラッシア ベルコーサ

Brassia verrucosa

中南米原産

素焼き鉢にクリプトモスと水苔の混合で植え込んでいます。
過湿にするとねぐされを起こしやすいが、
植え替えれば回復は早く、作りやすいです。
ブラッシア類は、私には見分けにくく
これもベルコーサと断定できるものではありませんが
ベルコーサで購入しています。

DSCN0089.jpg

DSCN0097.jpg
posted by 庭のホクロ at 06:16| Comment(0) | オンシジウム と近縁種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Stanhopea wardii スタンホペア ワーディ

Stanhopea wardii 

中南米原産

葉が広くて大きいので、水を好むことが分かります。
プラ鉢の底に穴を開け水苔で植えています。
葉が展開する頃は常に植え込み材料は
湿っているようにしています。
秋に向かっては徐々に水を控えますが、
極端な乾燥はよくないようです。



9月6日撮影
DSCN0079.jpg

DSCN0063.jpg

DSCN0076.jpg

9月10日撮影
DSCN0093.jpg
posted by 庭のホクロ at 05:25| Comment(0) | その他の蘭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

Laelia gouldiana レリア ゴールディナ

Laelia gouldiana

メキシコ原産


DSCN0072.jpg
posted by 庭のホクロ at 19:50| Comment(0) | カトレア レリア ソフロニティス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

Dendrobium hercoglossum デンドロビューム ヘルコグロッサム

Dendrobium hercoglossum


原産地 雲南 タイ ベトナムなど

Den.aduncum に良く似ているので、
写真を掲載したくなったのですが、
花の違いがわかるでしょうか?
この株は、昨年ハダニにやられて以来元気がなく、
今は高芽を育て直しているところです。
写真は一番伸び盛りのころ、2005年の撮影です。
aduncumよりは増えやすく育てやすいようです。


DSCN1327.JPG

posted by 庭のホクロ at 05:59| Comment(0) | デンドロビューム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Dendrobium aduncum  デンドロビューム アダンカム

Dendrobium aduncum 

原産地は 中国、インド、ミャンマー、タイ、ベトナムの高地

良く似ているのにDen.herucoglossumがありますが、
一番の違いはリップの形です。
herucoglossum の花は、リップが開いて下がっているのに、
aduncumはリップが袋のようになっていて
先端だけがちょこんと突き出ています。
一度知人宅でこの中間のような花を見ましたが
このときの名前はherucoglossumとなっていました。
どちらもバルブは年々成長していきますが、
aduncumのほうが長くなります。

DSCN0051.jpg

DSCN0052.jpg
posted by 庭のホクロ at 05:29| Comment(0) | デンドロビューム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

Prosthechea vitellina プロスゼキア ビテリナ

Prosthechea vitellina

中米原産

今年は育ちが良かったので、花も形良くしっかりと
咲いたような気がします。
リップの奥の朱色が印象的です。

素焼き鉢に水苔植え。

直射日光、根の過湿は厳禁。
乾燥しすぎるのもよくないようですね。

DSCN0053.jpg

DSCN0055.jpg

2009年09月02日

Dendrobium anosmum デンドロビューム アノスマム

Dendrobium anosmum
  (=Dendrobium superbum)

東南アジア原産

初花です。
ピンク色が優しいきれいな花です。
時期が遅くなって咲きましたが、
来年用のバルブは成長が足りなく
あまり期待できません。

DSCN0050.jpg

DSCN0053.jpg

昨年5月掲載の個体は、今年は多分6月頃咲いたのですが、
写真を撮る気になれない状態だったようです。
今年の写真がありません。
posted by 庭のホクロ at 07:31| Comment(0) | デンドロビューム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

Cattlianthe Mary Elizabeth Bohn  カトリアンセ メアリーエリザベスボーン

Cattlianthe Mary Elizabeth Bohn ‘Blue Star'
 または Lc.Mary Elizabeth Bohn ‘Blue Star'

1966年登録

丸弁の濃いブルーの花です。
例年もっと遅い時期の開花なのですが、この時期に
咲いてしまいました。
ラビアタなども早々に蕾を見せています。

DSCN0046.jpg
posted by 庭のホクロ at 20:49| Comment(0) | カトレア レリア ソフロニティス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。